薄毛は病院で治療するのはベター

薄毛の原因は男性ホルモンのDHT

男性が薄毛になる原因の多くは、男性ホルモンにありますが、誰もが持っている男性ホルモンのテステステロンが直接の原因ではありません。

実は、テステステロンが5αリダクターゼ還元酵素の影響を受けて、より強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

このDHTが毛根を攻撃することで毛母細胞の働きを阻害します。毛母細胞の働きが弱まると、毛母細胞が細胞分裂する力が弱まります。

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂することで成長することから、DHTによって「毛母細胞の働きが弱まり」⇒「髪の成長が衰え」⇒「細毛から薄毛へと進行」してしまいます。

男性が薄毛になるのは、この悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が原因です。よってDHTを作らせないことが薄毛の予防し、薄毛を改善することにつながります。

薄毛は育毛剤では治らない

では育毛剤で薄毛は治るのでしょうか?

結論からいうと「育毛剤では薄毛は治らない!」ということです。

確かに育毛剤には、DHTを作らせないようにするために、5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する成分が配合されています。成分は育毛剤によって違いますが、どの成分も5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する働きを持っています。

では何故、育毛剤では薄毛は治らないのか?

実は、育毛剤は医薬部外品に分類されます。この医薬部外品は、その名の通り「医薬品ではありません。」つまり、「効果があるとは宣伝できない」ということです。

効果のある成分が配合されているのに、効果がない?

と疑問が出てきますよね?

正確に言うと「効果が出るだけの容量が含まれていない」ということです。つまり有効成分の濃度が低いということですね。

一方で、医薬品は効果が出るだけの容量が含まれています。含まれていますが、副作用の可能性も出てきます。そのため医薬品は医師に処方してもうら必要があるんですね。

育毛剤で効果が認められているのは「リアップ」だけです。リアップは医薬品なので薬局でしか購入できません。

医薬部外品は、副作用のでない程度に有効成分が含まれています。有効成分といっても医薬成分が含まれているわけではありません!

医薬品と同等の効果が認められる成分です。海藻類や、植物などから抽出されることが多いです。

もちろん、中には育毛剤で効果を実感する人もいますが、「たまたま運が良かった」という程度のことです。

育毛剤は効果があるとは言えない医薬部外品なので、副作用の可能性も限りなく低いですが、効果の出る人も「まれ」だということです。

 

薄毛は育毛サプリでは治らない

育毛サプリメントは、有効成分を体内から吸収するので育毛剤よりも効果があると言われていますが、育毛剤と同じように医薬部外品です。

育毛剤よりも多少は良いのかもしれませんが、医薬品でない限り、効果があるとは言えません。

薄毛はプロペシアで治療する

やはり薄毛を治療するなら医薬品を使用することが一番確かな方法です。

先ほど、リアップは医薬品だから効果があると説明しましたが、リアップに含まれているのはミノキシジルという成分です。

このミノキシジルは毛細血管の拡張作用があるので、肝臓で作られた髪の栄養素を毛根に効率よく運ぶことができるように作用します。

よって、ミノキシジルには、発毛作用があると言えます。

では、ミノキシジルを使用すれば十分なのか言えば、そうではありません。

薄毛の原因はDHTであることが分かっています。DHTを作らせないようにする必要がありますえ。発毛効果だけでなく、薄毛の進行を確実に止めておかなければ、薄毛を改善することはできないからです。

そこで、医薬品のプロペシアを服用する必要が出てきます。プロペシアは5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する効果がある医薬品です。育毛剤に配合されている有効成分とは違います(笑)

プロペシアを服用するだけで、ある程度の薄毛なら改善することが多いのです。抜け毛が減り、髪にコシが出てくるので、軽度の薄毛ならプロペシアだけで改善します。

薄毛が進行している場合に、ミノキシジルを併用して発毛を促進することが必要となります。

プロペシアで抜け毛を止め、髪にコシを与え、薄毛の進行を止めます。そして、ミノキシジルで発毛を促し、薄毛を改善します。

この場合に使用するミノキシジルはリアップのような外用薬ではなく、内服薬のミノキシジルタブレットを使用するほうが、効果を期待できます。

このように、プロペシアとミノキシジルを併用する場合には、専門医の指導の下で服用を行う必要があります。というのは、プロペシアもミノキシジルも副作用の可能性のある医薬品なので、正しい容量を適切に服用することが重要であるからです。

最近では、プロペシアもミノキシジルも個人輸入代行業者などを通じて外国製を輸入して服用する方もいるようですが、本当におすすめできません!

まず信頼できる個人輸入代行業者を探さなければ正規品のプロペシアやミノキシジルタブレットであるか分かりません。中には不純物を混ぜて利益を出している悪徳業者もいます。また、全く成分の違うものをプロペシアとして販売していることもあるようです。

少しの費用をケチって身体を危険にさらすようなことはしないで下さいね。

プロペシアやミノキシジルで薄毛治療するなら、専門病院で治療することをオススメします。金額も育毛剤と変わらないぐらいで治療できるクリニックもたくさんあります。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることがオススメします。相談だけなら無料なので、費用や回復するまでの期間など、疑問に思うことは何でも聞いておきましょう。

どの病院で相談しようか迷ったコチラのサイトを参考にしてください。都道府県別にオススメの病院が紹介されています。⇒薄毛治療の病院は<発毛実績>で選べ!

薄毛治療は保険が効かない

プロペシアやミノキシジルなど、薄毛の治療薬には健康保険が効かないので、全て実費ということになります。保険診療ではなく自由診療となるので、病院によって価格に違いが出てきます。

プロペシアやミノキシジルは、どの病院で処方してもらっても効果に違いはないので、安い病院を選んだ方がお得になります。

しかし、もしプロペシアやミノキシジルで効果の出なかった場合には、他の治療薬を使用することになるます。実は、どの病院でも、病院独自のオリジナル治療薬というものを開発しており、発毛実感率がプロペシアやミノキシジルよりも高いのが特徴です。

また治療期間もオリジナル治療薬の方が短期間で済みます。

よって、プロペシアやミノキシジルの併用で効果の出ない人や、短期間で発毛を実感したい人などは、オリジナル治療薬による治療も検討する必要が出てきます。

このオリジナル治療薬も病院によって違ってきます。このオリジナル治療薬についての情報も集めておいた方がいいですね。

★皮膚科をおすすめしない理由とは?★

実は、一般皮膚科でもプロペシアを処方している病院はあります。しかし、あまりオススメできません。というのは、皮膚科ではプリペシアの料金は薄毛治療の専門病院よりも高い傾向にあります。

また、皮膚科の医師は、薄毛治療が専門ではありません。皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの治療が専門ですので、薄毛治療の症例も見ていないことが多いのです。

そんな医師にあなたは治療してもらいたいですか?

安心して相談のできる薄毛治療の専門医のいる専門病院で治療しましょうね。